経理部門の負担を解消!経理代行サービスを利用がおすすめ!

サイトマップ

パソコンを操作する女性

経理代行で時間がかかる入金確認の負担を軽減しよう!

電卓

経理部門では、日々もしくは一定期間ごとに請求情報と口座入金情報を照合する入金確認を行います。しかし、毎日のように大量の入金情報を照合するのは手間や時間がかかり、経理担当者がその業務に専属化してしまうこともあります。そこで、経理代行サービスを導入して、記帳代行で経理担当者の負担を軽減してみませんか?
これまで経理担当者が行っていた入金情報の照合作業の一部を経理代行でアウトソーシングすれば、経理担当者は空いた時間を要因分析や利益アップのための検討に充てることができます。経理代行サービスの記帳代行といえば、仕訳伝票の発行を行ってくれたり、請求書や領収書の経費処理を行ってくれるものだとイメージしがちです。しかし、記帳代行は経理業務に関わる帳簿の記入や確認も含まれるため、入金確認と照合作業も委託することができます。つまり、営業部門からの請求情報と口座の入出金リストを送付するだけで、期日までに照合が完了したリストと売掛金から現金もしくは口座を管理する勘定科目へ振替る仕訳データのを作成して提出してくれます。これまで、毎日入金チェックを行っていた経理担当者の負担が、月次決算といったスピード感が必要な月末だけに集約することができ、専属化した人的資源を再分配することができます。まずは、入金確認に問題を感じている経理管理者は経理代行サービスの導入を検討してみましょう。

業務の手間を省くのに活用したいのが経理代行や記帳代行

毎月の経理処理にかける時間が多くて困っているなら、思い切って経理代行を依頼するのも一つの手です。経理処理はやらないわけにはいかない重要な業務ですが、利益に直結する業務ではありませんので長い時間をとられてしまうのは心苦しいです。しかたないことと諦めたくもなりますが、確実に業務改善すべきポイントでもあります。

そこで便利な経理代行を使い、経理処理を一任してしまいます。経理代行や記帳代行は会社の事務的処理を請け負ってくれるサービスですので、導入するのとしないのとでは思いのほか大きな違いが出ます。導入することによって経理に割かれていた時間が空きますから、その分は他の業務へとまわすことができます。経理処理や記帳にばかり時間を取られて他の業務が阻害されるようでは困りますので、経理代行や記帳代行を活用して対応することは理に適ったやり方です。

請求書や領収書といったお金に関わる書類を渡しさえすれば、こちらの要求した通りに処理してくれるのが経理代行や記帳代行を利用する利点です。業務の余計な部分を削ぎ落とすためには外部に任せてしまったほうがいいこともありますので、合理的な選択をするなら十分役立ちます。業務の手間を省くための手段として有効的です。

事務作業に困っているなら経理代行のサービスを利用するのがおすすめ

事務作業に割く時間があまりにも長いのは、会社にとっていいことではありません。事務作業にかける時間はできるだけ短いほうが会社のためですので、そうなるように業務の配分を考えなければいけないです。そこで着目したいのが、経理代行や記帳代行といった会社の業務を代わりに行ってくれる代行サービスです。

何でもかんでも関係なく代行サービスに任せることだけが正解とはいえないですが、任せることによって会社における事務作業の時間が減るのであれば一定の効果を見込めるのは確かです。導入することでどこまで変化するのかをしっかりシミュレーションし、シミュレーション結果が良好であれば経理代行や記帳代行を頼むのは正しい選択です。

導入することで経理をはじめとした事務処理にかかっていた時間を大幅に短縮することができれば、時間の無駄を省くことが可能です。優秀な経理代行に頼めばそうなりますので、できるだけ頼りがいのある経理代行や記帳代行を探して依頼することが会社にとってはプラスです。会社がよりよくなるためにはそれまでの体制を一変させることも時には必要ですが、経理代行や記帳代行サービスを導入することもその一環に含まれます。事務作業に困っているなら、積極的に検討したいサービスです。


面倒な経理処理にかける時間を減らすために経理代行を依頼するなら【ライト・コミュニケーションズ】がおすすめです!記帳代行は150社以上で東京での経理記帳は10年以上と実績豊富なので安心してお任せできますよ!ご相談は無料です!

イチオシ情報

ニュース

2019年09月11日
経理代行を利用するとどんなメリットがあるのかを更新しました。
2019年09月11日
経理代行サービスを使って業務をスリム化を更新しました。
2019年09月11日
便利な経理代行サービスを利用しようを更新しました。
2019年09月11日
経理代行を利用して月次決算をおこない業績管理をしようを更新しました。
 
TOP